即金入手 - 今すぐお金がほしい!

即金入手したい、今すぐお金がほしい時、どうしたら良いか。急な物入りでお金が必要、給料日が遠いなど。即金入手方法を紹介します。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

住民税の未払いで督促状が届いたら、延滞金や差し押さえ前にどう対応するべきか

2018/07/28

差し押さえされた時の通帳の様子

住民税の未払いで督促状が届いたらどうすべきかご紹介します。住民税は引っ越ししてもリセットされることはないので、督促状が届いたら支払う意志を見せつつ分割納付ができないか相談するのが一番です。延滞金や差し押さえされるとどうなるかなども併せてご紹介します。

 

ある日突然やってくる差し押さえ(強制執行)

督促状

私自身、冒頭の写真のように差し押さえを経験したことがあります。引越し後のドタバタしているうちに住民税を払い忘れていたところ、ある日突然、銀行口座から差し押さえされました。

住民税の分割払いのうち、1回めと3回めは忘れずに支払ったものの2回めだけ払い忘れていて、督促状が届いても払ったつもりでいたので無視していました。そのため、強制執行されたようです。

そのときは家賃やクレジットカードの支払に必要な金額を残しておいたつもりが、差し押さえのためにクレジットカード利用料の引き落としができず、クレジットカードが止まってしまいました。もちろん、クレジットカードの利用料にも延滞金がついてしまい、二重に困ったことを覚えています。

住民税の督促状を無視すると大変なことに・・・

顔に手を当てて悩む様子の男性

すでに未払いで住民税の督促状が届いているという方もいるかもしれません。払いたくとも払えないという方にとって、督促状というのは大きなプレッシャーになるかと思います。特に税金の延滞税は年利14%超ですので、なるべく早く対応したいものです。

どうしていいかわからないからそのまま放置しているという方もいるかもしれませんが、住民税の督促状を無視すると大変なことになります。

スポンサーリンク

延滞金で負担が大きくなる

住民税の督促状が来ているということは、すでに納付期限を過ぎているということです。納付期限を過ぎると、住民税に延滞金がかかってきます。延滞金は14%以上と言われていますので、クレジットカードや消費者金融の金利と同じくらいです。

未払いを続けると6年で倍以上の金額に!

仮に住民税が10万円だった場合、1年後には11万4,000円になり、2年後には12万8,000円、6年経てば倍以上の20万4,000円にまで膨れ上がります!(延滞金に対して利子がかかりません)

このように、放置すればするほど住民税の延滞金も膨れ上がっていきますので、住民税だけではなく延滞金で負担が大きくなってしまいます。つまり、住民税の督促状が届いているのにも関わらず無視し続けていると、どんどん支払うべきお金が増えていきます。

引っ越ししたら住民税を払う必要はない?

郵便受け

引っ越ししたら住民税を払う必要はなくなるかといえば、そんなことはありません。引越し後の住所にきちんと督促状が送り続けられます。もちろん延滞税もリセットされることなく加算され続けます。(私自身、千葉→東京→埼玉に引っ越した後にも千葉県に住んでいた頃の住民税の未払いが届いてビックリしました。しかもその金額が元は3万円くらいだったものが延滞金がついて6万円以上支払う羽目に、、、)

差し押さえ可能な財産があれば強制執行に

割れた豚の貯金箱

住民税の督促状を無視し続けると、財産調査というものが始まります。文字通り、どれだけの財産を持っているのか調査するものです。仕事をしている方であれば勤務先はもちろん、口座を保有している銀行などにも調査票が送られることになります。この財産調査の結果、差し押さえられるだけの財産があると判断されると強制執行されます。ある日突然、銀行口座から住民税を強制的に引き落としされます。

スポンサーリンク

強制執行になると、勤務先に連絡が入り、お給料から未払いになっている住民税が差し引かれることになりますし、貯金している銀行口座があればそこから直接お金を引き落とされることもあります。勤務先にも住民税を滞納していることを知られてしまいますし、強制執行で差し押さえになるとそれまで当たり前に過ごししてきた日常生活もままならなくなるでしょう。

ただ、強制執行というのは本当の最終手段になります。住民税の督促状を無視し続け、住民税が未払いのまま2年から3年以上経っている場合に強制執行となるのです。しかしながら、2年や3年というのは思っている以上に早く過ぎ去ってしまうものです。それに自治体によっても異なってくる部分がありますので、油断はできません。

まとめて払うのが難しい場合は行政に分納の相談を

住民税の分割払い

住民税の督促状を無視すると大変なことになるというのは、お分かりいただけたかと思います。ただ、それでも住民税を払うのが難しいという方は多いでしょう。そういったときには、直接自治体に相談しにいきましょう。支払いが難しい場合には、分納にも対応してくれます。

おそらく最初のうちは、「どうにか全額支払ってください」という話で進められると思うのですが、全額の支払いが厳しいこと、生活が困ることを訴えれば、分割に対応してくれます。行政としても未払いのまま回収できないよりも分割であっても払ってくれるなら好ましいので、分納に協力的です。

分割の金額は自分で選ぶことはできませんが、私の経験では1万円、2万円ごとの分割は対応してくれました。5000円で分割してほしいとお願いしたときは断られました。

分納になると住民税を分割した振り込み用紙をその場で渡されるか、郵送されることになるかと思います。基本的に分納に対応してもらった以上は、毎月その金額だけでも払えるような状態にしておかなくてはなりません。1回でも滞ったら差し押さえというわけではありませんが、分納をさせてもらっている状態なのですから最低限でもそこは滞りなく払っておきたいものです。どうしても厳しい場合には、直接また相談しに行くといいでしょう。

なお、分割払いについて、クレジットカード払いや口座引落は対応してくれません。支払い自体はコンビニでも可能ですが、現金のみの受付ですので、何とか現金を工面するようにしましょう。

-お金が欲しい, お金を借りる
-, , , ,