hoodiaブログ

今すぐお金がほしい時、どうしたら良いか。急な物入りでお金が必要、給料日が遠いなど。即金入手方法を紹介します。

ショートメール(SMS)に赤い三角形の中にビックリマークが出た時の対処法

SMSのメッセージに赤い三角形の中にビックリマーク

ショートメール(SMS)の横につく赤い三角形の中にビックリマーク、これはそのショートメール(SMS)が送信できなかったという意味です。

赤い三角形の中にビックリマークが出る原因は、

  • ショートメール(SMS)送信時の電波状況が悪かった
  • 文字数がオーバーしている
  • 相手の電話番号がショートメール(SMS)を受け取れないものである

のいずれかです。

ここでは赤い三角形のビックリマークを消すための方法をご紹介します。

ショートメール(SMS)送信時の電波状況が悪かった場合

送信時の電波状況が悪かった場合は単純に再送信すればOKです。

ビックリマークがついたメッセージをタッチして再送信しましょう。

文字数がオーバーしている場合

それでも送れない場合は、文字数がオーバーしている恐れがあります。

実はショートメール(SMS)の一通で送れる最大文字数は、全角70文字(半角160文字)です。

この文字数がオーバーしていると送信エラーになりがつきます。

文字数がオーバーしている場合はメッセージを何通かに分けて送信しましょう。

ショートメール(SMS)の文字数オーバーとは?

ショートメール(SMS)は一度に最大で全角70文字(半角160文字)しか送れません。

そのため、全角70文字(半角160文字)を超えていると送信できなくなって、赤い三角形のビックリマークが付きます。

対策として、一回のメッセージの文字数が全角70文字(半角160文字)に収まるように分けて送りましょう。

相手の電話番号がショートメール(SMS)を受け取れないものの場合

相手の電話番号がデータ通信専用のものであり、ショートメール(SMS)を受け取れない場合もあります。

データ通信専用プランだと料金を安く抑えられるため、あえてデータ通信専用プランを利用する人もいます。

この場合、いくらメッセージを再送信しても送ることはできません。

LINEなど他の連絡手段で連絡してみましょう。

料金未払いだとショートメール(SMS)は送れない

もしも自分が料金未払いだとショートメール(SMS)が送れません。

相手が料金未払いの場合はショートメール(SMS)は送れますが相手は受信できないので既読になりません。

-スマホ
-, , , , ,