即金入手 - 今すぐお金がほしい!

即金入手したい、今すぐお金がほしい時、どうしたら良いか。急な物入りでお金が必要、給料日が遠いなど。即金入手方法を紹介します。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

iPhoneのギガの減りが異常に早い?モバイルデータ通信の設定を確認しよう

iPhoneではWiFiアシスト機能やフォトやミュージックの同期設定、アプリのバックグラウンド更新などで知らないうちにギガが減る恐れがあります。

iPhoneのギガの減りが異常に早いようなら、モバイルデータ通信の設定を確認しましょう。

他にもLINEやYoutube、Twitter、インスタグラムなどの設定を見直すとギガの減りを少なくすることができます。それぞれの設定方法をご紹介します。

 

目次

iPhoneの設定を見直す

WiFiアシストを無効にする

iOS9以降のiPhoneではWiFiアシスト機能が搭載されています。

これはWiFi通信が不安定な場合に自動的にモバイルデータ通信に切り替わる機能ですが、これが有効になっていると知らないうちにギガが使われてしまいます。

勝手にギガを使われないように、WiFiアシストをオフにしておきましょう。

Wifiアシストの設定は「設定」→「モバイルデータ通信」の一番下にあります。

iPhoneのWifiアシスト設定画面

画面のようにWi-Fiアシストの項目がグリーンに場合はWiFiアシストが有効なので、これを無効(グレー)にしましょう。

写真やミュージックの同期設定を確認する

写真やミュージック、ビデオにもギガを使って自動的に同期する設定があります。これが有効になっていると勝手にギガが減ってしまいますから、WiFi環境でのみ同期するように変更しましょう。

写真の設定変更の仕方は以下の通りです。

「設定」から「写真」を開き、その中の「モバイルデータ通信」と「アップデートの制限なし」を無効にすればOKです。

設定から写真を開く

iPhoneの設定画面

写真を開いたらモバイルデータ通信の項目を選択

iPhoneの写真の設定画面

モバイルデータ通信を開く

iPhoneの写真の中の、モバイルデータ通信の設定

モバイルデータ通信、アップデートの制限なしがそれぞれ有効(グリーン)になっていないか確認しましょう。有効になっているなら、両方とも無効(グレー)にしましょう。

ミュージックやビデオにも同様の項目がありますので、それらも無効にしましょう。

アプリのバックグラウンド更新の設定を確認する

アプリのバックグラウンド更新についてもモバイルデータ通信時は無効にするようにしましょう。

これが有効になっていると1日で1ギガ以上のギガが減ることもあります。

ギガが異常に減るのを防ぐためにもアプリのバックグラウンド更新を無効にしておきましょう。

設定の仕方は以下の通りです。

アプリのバックグラウンド更新がモバイルデータ通信で有効になっていないかも確認しておきましょう。

「設定」の中から「一般」を選ぶ

「設定」の中から「一般」を選ぶ

「一般」の中から「アプリのバックグラウンド更新」を選択

「一般」の中から「アプリのバックグラウンド更新」を選択

「アプリのバックグラウンド更新」がオンになっていないか確認する

画面のように「アプリのバックグラウンド更新」がオンになっていないか確認します。オンになっているとモバイルデータ通信を使ってバックグラウンド更新をされてしまいます。この設定をWi-Fiのみ変更しましょう。

「アプリのバックグラウンド更新」がオンになっていないか確認

「アプリのバックグラウンド更新」をWi-Fiのみに変更する

オンの部分を選択すると、バックグラウンド更新の設定が可能です。この設定を「Wi-Fi」のみに変更しましょう。

バックグラウンド更新の設定がWi-Fiとモバイルデータ通信の場合

Wi-Fiの項目を選ぶと右にチェックマークがつきます。

バックグラウンド更新の設定をWi-Fiのみに変更

「アプリのバックグラウンド更新」がWi-Fiと表示されればOK

以下の画像のようにアプリのバックグラウンド更新の右にWi-Fiと表示されればOKです。アプリのバックグラウンド更新がWi-Fi時のみ有効になり、モバイルデータ通信を使って更新されないようになります。

「アプリのバックグラウンド更新」がWi-Fiと表示されている状態

アプリのバックグラウンド更新の設定は以上です。

各種アプリの設定を見直す

LINEやインスタグラム、Youtube、Twitterなど動画や写真が多いアプリはギガの消費が多いです。

動画や写真の画質を落としてギガをなるべく使わない設定に変更しましょう。

Youtubeの画質設定を変更

Youtubeの動画の画質を変更することでギガの減りを少なくすることができます。たとえば標準画質(360p)を再低画質(144p)に変更すればギガの減りを半分程度にすることができます。

設定変更の仕方はYoutubeアプリの設定画面から画質を選べば可能です。

Youtube動画の右上から設定画面を開く

Youtubeの詳細設定画面

一覧から「画質」を選択

Youtubeの画質設定

インスタグラムは「データ使用量を軽減」を有効にする

インスタグラムでは「データ使用量を軽減」という機能を有効にするだけで、ギガの減りを抑えることができます。

「データ使用量を軽減」の設定方法は以下の手順で可能です。

プロフィール編集画面から、歯車アイコンを開く

インスタグラムのプロフィール編集画面

オプションから「携帯ネットワークデータの使用」を選択

インスタグラムのオプション設定

「データ使用量を軽減」を有効にする

「データ使用量を軽減」の設定を有効にしましょう。下の画面のように青くすれば有効の状態です。

データ使用量を軽減がオンになった状態

Twitterでは動画の自動再生を無効にする

Twitterも設定でギガの消費を減らすことができます。Twitterでは初期設定のままでは動画を自動再生するように設定されていますが、これを無効にしましょう。

Twitterアプリ左上の、自分のアイコン画像を選択

Twitterのホーム画面

設定から「設定とプライバシー」を選ぶ

Twitterの設定画面

「設定とプライバシー」の中から「データ利用の設定」を選ぶ

「データ利用の設定」で「動画の自動再生」と「高画質動画」の項目を設定

それぞれ、以下のように変更しましょう。

  • 動画の自動再生を「Wi-Fi接続のみ」に変更
  • 高画質動画を「Wi-Fi接続のみ」に変更

LINEでは写真の画質や動画自動再生を変更する

LINEアプリでもギガの消費を減らす設定があります。

写真の画質を軽くしたり、写真の自動ダウンロードや動画の自動再生を無効にすることでギガの消費を減らすことができます。設定の方法は以下の通りです。

管理画面から、歯車アイコンを選んで「設定」を開く

iPhone版LINEの管理画面

「設定」から「写真と動画」の項目を選ぶ

iPhone版LINEの設定画面

「写真と動画」の項目を選ぶ

iPhone版LINEの写真と動画の設定画面

写真と画質からそれぞれ、以下のように変更しましょう。

  • 送信する画質を低画質に変更
  • GIF自動再生をオフにする
  • 動画の自動再生をWi-Fiのみに変更

LINEやインスタグラム、Twitterをよく使っていてギガが足りないなら

上のようなSNSをよく使う人は、SNSをいくら使ってもギガが減らないLINEモバイル(コミュニティフリープランの場合)に切り替えるのも有効です。

LINEモバイルのコミュニティフリープランなら、LINE、インスタグラム、Twitter、Facebookをいくら使ってもギガが減らないのでお得です。(Youtubeは使い放題ではありません)

月額利用料も500円~ですから、携帯代が月に2,000円以上かかっている人は乗り換えをオススメします。

特徴① LINEやTwitter、Facebook、インスタグラムがデータ通信量を消費せずに使える
LINEフリープラン(月500円~)ならLINEのメッセージや無料通話がデータ通信量を使わず使える!コミュニケーションフリープラン(月1,110円~)ならLINEだけでなく、TwitterやFacebook、インスタグラムの利用もデータ通信量に関係なくいくらでも使えます。
特徴② 多くの格安SIMではできない、LINEのID検索が可能
多くの格安SIMでは年齢認証ができないため、LINEのID検索が不可能です。しかしLINEモバイルなら、LINEのID検索が可能です。(18歳以上の方のみ)
特徴③ 詐欺や高額請求を防ぐフィルタリングアプリが無料
大切なお子様を出会い系、SNSによる被害、高額請求などネットの危険から守るフィルタリングアプリが無料で利用可能です。
ガッツポーズをするクマ″width=

LINEモバイルの特徴はLINEやTwitter、Facebook、インスタなどをギガに関係なく無制限に使えること(コミュニティプランの場合)!お子様にスマホを持たせたい人や安く済ませたい人にピッタリです。

SNSが使い放題!コミュニケーションプランが半年間300円!ソフトバンク回線もドコモ回線も全プラン対象
  LINEがデータ消費ゼロで月額300円~!

-スマホ
-, , , , , ,