hoodiaブログ

今すぐお金がほしい時、どうしたら良いか。急な物入りでお金が必要、給料日が遠いなど。即金入手方法を紹介します。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる13の方法

家賃が払えない時の対処法

このご時世、家賃が払えない人が増えています。

家賃は大きな金額なので一度家賃滞納すると翌月以降が苦労します。

住所がなくなるとそこから社会復帰するのは本当に本当に!大変です。

ここでは不動産屋さんとの連絡方法、緊急小口融資、滞納分の分割など家賃が払えない時の対処法をご紹介します。

カードローンでもいいから今すぐ家賃滞納を解消したい人はこちら↓

2022年オリコン日本顧客満足度調査・ノンバンクカードローン男性部門 第1位
JCB CARD LOAN FAITHで今すぐお金を借りる

一人暮らしで家賃払えないときどうする?

一人暮らしで家賃が払えないときどうするべきか。

家賃が払えないことが分かったならまずは不動産屋さん(または管理会社)にそのことを連絡しましょう。

不動産屋さんは「いつ頃払えるか?」を聞いてきますから、「XX日までに払います」など答える必要があります。

これで少し時間が稼げますからその間にバイトするなり不用品を売るなりして家賃を用意しましょう。

バイトで稼ぐ場合、スマホ代が払えないとスマホが止まってバイト探しも難しくなります。

スマホが止まらないうちに家賃が払えるようにお金を稼ぎましょう。

バイトが決まれば最大1万円ボーナス!

最低でも5,000円もらえる!採用から最短で1日で貰える「マッハボーナス」。

【もれなく】【どのバイトでも】もらえます!今すぐマッハバイトを確認しよう。→最大1万円ボーナス!マッハバイト

最大1万円ボーナス!マッハバイトでバイト探しする

不動産屋さんは「いつ家賃を払ってもらえるか?」が知りたい

家賃滞納すると不動産屋さんから連絡が入りますが、不動産屋さんが知りたいのは「ちゃんと払ってもらえるかどうか」です。

家賃滞納の理由そのものは特に重要ではありません。

「いついつまでに払います」
「(数ヶ月分を滞納しているなら)まとめて払うのは難しいので分割払いにして欲しい、毎月XXなら払えます」

など支払う意志と期日を提示しましょう。

滞納分の家賃が払えないなら分割払い

滞納分の家賃を分割で払えるようお願いすると強制退去にならずにそのまま住める場合があります。

もちろん今後は滞納しないようにするのが重要です。

いったんカードローンで払うのもいいでしょう。

2022年オリコン日本顧客満足度調査・ノンバンクカードローン男性部門 第1位
JCB CARD LOAN FAITHで今すぐお金を借りる

家賃払えないときの相談窓口

家賃を払うあてがないなら、緊急小口融資などで融資してもらえないか確認しましょう。

原則無利子でお金が借りれて、条件付きで返済不要になる制度です。

カードローンなどでお金を借りるよりも有利にお金が借りれます。

家賃が払えない、引っ越しもできない

家賃が払えないからといって、引っ越ししようにもお金がかかります。

引っ越しを業者に頼らずに自分でできて、そして実家など戻れるアテがあるなら実家に戻るのもありでしょう。

実家に戻れるなら当然、家賃の支払いもなくなります。

家賃滞納した分は、後で精算するなり、分割で払うなり大家さんと相談するといいでしょう。

他の人の家賃滞納を乗り切った体験談

離婚協議中に家賃が払われておらず2ヶ月分滞納

妻と離婚前の別居期間中、私と子供は実家に行き妻は自宅で暮らしていました。

家賃は妻が払う約束だったので任せており2ヶ月後の離婚成立時に自宅に戻ると不動産から連絡がありこの2ヶ月間全く支払われておらず強制退去の勧告までされておりました。

まず不動産に状況を説明し、滞納分を確認し自分が支払えるタイミングを伝えました。

不動産を仲介し大家とも連絡を取り合い、遅れた分の謝罪と必ず払う旨を伝えなんとか支払いを終わらせ強制退去を逃れることが出来ました。

滞納分は2ヶ月分で1ヶ月分はなんとか自分で支払うことが可能だったので準備が出来ました。

どうしてももう1ヶ月分の家賃額が足りなかったため実家に状況を説明し借りて支払いました。

実家の方にも返済のプランを建て、現在はもう全て返済済みとなっております。

まずは不動産、大家への連絡をし相談出来るのであれば支払う計画を立てる方向で進めるといいと思います。

金銭的に厳しい場合は消費者金融などでの借り入れになると利息や支払い方法などで返済のいたちごっこになるので知り合いや家族などに返済の約束をしっかりと行い無利子で借りて支払った方がいいと思われます。

また、自身の状況によっては自治体にもよりますが行政より何か補助金等出る可能性もあるのでそちらもチェックした方がいいと思われます。

夫の失職により家賃が払えず

夫が失職してお金がなくなった、二人で日払いの仕事を探したがなかなか追いつかなかったので支払いを待ってもらっていた。

その繰り返しで衣食住はカードで払いでまかないサラ金で借金もしながら何とか数ヶ月は耐え忍んだ。

分割を申し込んだが受け入れてもらえなかった。

夫の気に入るような定職はなかなか見つからず自分の仕事もうまく見つからなかった。

大物家電を売ってお金を作ったりしたが強制退去の通知を受けて夜逃げした。

残りの家賃は保証人(自分の親)が支払ってくれていた。

結局、夜逃げした後は、自分の母親が後始末、支払いをしてくれていた。

夜逃げしたので自分らは知らず後に身内に聞いた後日談で知った。

どう頑張っても自分らでは結局支払えず 知ったのは母親が亡くなったあとなので母親には返せずじまいになった。

とりあえず借りれるところから借りて支払ったほうがよいと思う。

その後自己破産なりして債務整理を行い 住み込みの仕事を探すか市などに相談するなり実家に帰れるなら帰った方がいいと思う もしくはもっと安い賃貸を探すなりした方がよいと思う。

銀行引き落としができず家賃滞納に気づかなかった

普段家賃は銀行引き落としでの支払いになっています。

学生時代に奨学金を借りており、そちらの返済も同じ銀行からの引き落としでした。

奨学金の引き落とし後の残高が足りていないのに気が付かず、管理会社より引き落とし出来なかったと連絡を受けて気付きました。

こちらが100%悪かったため、「ご迷惑おかけして本当にすみません!」とひたすら謝罪を繰り返しました。

電話でのやり取りだけでしたが、家賃を滞納したという汚点を残したままそのまま住み続けることも嫌だったので、その2か月後には引っ越ししました。

管理会社から連絡があったのは家賃引き落とし日から4日後でした。

家賃の口座振替日が27日で私の給与が月末だったため、連絡を受けた時には既に銀行に勤務先からの給与が振り込まれていたため、何の問題もなく支払うことが出来ました。

「家賃が引き落とせない」と管理会社から連絡はありましたが、厳しく責め立てられたりということはありませんでした。

「いつ支払えますか?」という日にちの確認がメインだったので事情がある方は事前に話せば待ってくれそうな気もしました。

ただ、あくまで『事前』に相談しておくのがベストだと思います。

家賃を支払わずにいたら4ヶ月目に一括請求された

お金に余裕もなかったことから、今の家に引っ越しをしたばかりの1ヵ月目、家賃を払わなかったのに請求されなかったので、3か月までやってみると、当然だが4か月目以降に請求をされたという背景がありました。

一括で支払いました。

払っていない自分が悪いですし、おそらく契約書に、「払わなければ退去していただきます」などと規約も載っていたと思います。

滞納した家賃は、たしか家賃保証会社から連絡がきたので、一括で4か月目に支払いました。

それぐらい支払う預金はありましたので。今思うと、大人げない、申し訳ないことをしたなと反省しています。

家賃滞納は、基本、いいことではありません。

それに、癖になってしまう気がします。

固定費を支払うのはつらいですが、きちっと家賃分を確保した生活をすること、払えないならこれまたつらいですが、現在より安い家賃のところに住み替えるしかないのかなと思います。

直接支払いに気づかず半年分の家賃を滞納

一人暮らしの時に家賃は銀行から引き落としだと思っていたのですが、普通に引き落としではなく、大家さんに直接支払う制度でした。

仕送りの金額がまぁまぁあり、不審に思って親に確認したことで、自分で大家さんに持っていくことが発覚しました。

とりあえず、大家さんに今まで払っていなかったことを謝りました。

そして、数ヶ月分ずつ大家さんにお支払いしました。

確か、溜めてしまったのは半年分だったので2ヶ月分位ずつ支払ったので返済にも半年かかりました。

毎月、普通では多すぎる仕送りで余っていたのでそれを返済にあてました。

ただ、満額すぐには払えなかったので大家さんに少し待ってもらいながら自分はカップ麺生活や飲み会を控えたりしながら返済していきました。

少しバイトもしました。

まずは支払い方法がどうなっているか確認しましょう。

想定よりお金がある時は払えていない可能性があります。

次に収入が入ったら真っ先に家賃分は払いましょう、家賃は毎月必ずかかるものです。

それで払えないのであれば自分に見合った住居に引っ越しましょう。

病気で働けなくなり家賃を滞納する

鬱病になり数か月働けなくなってしまって払えなくなってしまいました。

当時は一人暮らしを始めたばかりで親にも相談できなかったです。

すぐに治ると思って何とかなるといたのですが結局治らなくて滞納してしまいました。

結局オーナーさんから親に連絡がいってしまい両親が払ってくれたのでそのまま住み続けることができました。

払ってくれたのち職場に復帰できたのとオーナーさんがとても親切だったこともあって結婚するまで引っ越しはしなかったです。

両親が数か月分払ってくれました。

その分は親に返すとかも特にしなかったです。

今思えばその時は両親のおかげで何とかなりましたがそうじゃなかった場合はどうなってたか考えるとゾッとします。

カードローンとか考えたかもしれません。

とりあえず抱え込まずに誰かに相談できればいいと思いますが、相談する身内がいなかったりどこかで借りれたとしても今後返せる目途がない場合は生活保護とかに頼るしかないのかもしれません。

市の施設に相談してはいかがでしょうか。

家族に任せていたら後で家賃滞納に気づいた

"普段は妻にアパートの家賃を払ってもらっていた。

その月やたらよくわからない番号から電話がいっぱいきたのでなんかおかしいなと思い、妻へ聞いてみると家賃を滞納していた事実が発覚。

急いで払いに行って謝ったことがあります。

お金はあったので、とにかく急いで大家さんのところへ行き、謝って許して頂きました。

その時、知った事実ですが、滞納は今回が初めてではないとのこと。

それを知って恥ずかしくて大家さんの顔を見ることができなかったです。

普通に自分の口座からお金を引き出してお支払いしました。

家賃滞納の対応なんてしたことがなかったので、いろいろ焦りました。

今後、二度としないように注意しようと心に決めました。

支払いは今は私自身がやってます。

毎月支払いがちゃんとされているかの確認を行うことが大事だと思います。

人任せにしているといつかこのような事態が待ってますので、自分で管理することが大事だと今回の事態を経験して勉強になりました、滞納は2度とやりません。

コロナの影響で無収入になり家賃滞納する

派遣会社で勤めていて何年も働いてきたのですが、コロナの影響で仕事がなくなり、全く収入がなくなってしまいました。

当然家賃を支払うお金もないので、大家さんに連絡をして家賃の支払いを待ってくれるようにお願いしました。

借金を国からしたり、他の仕事をしたりして乗り越えてきました。

またコロナ関係の給付金制度があったのでそれを利用したりもしました。

それ以外にも家族から生活費としてお金を借りたり友達からも何度もお金を貸してもらいました。

借金と親からの援助で家賃滞納を乗り切った

借金と親からの援助で支払いました。

何ヶ月分も滞納してしまったので延滞金がついていて、支払うのにかなり苦労しました。

また大家さんとの関係も悪化してしまったので、できる限り早く支払いたかったのもあり借金をしました。

家賃滞納は怠け者や仕事をしない人が陥る問題ではありません。

普通に生活している全ての社会人に可能性のある問題です。

もし家賃を滞納してしまっても、まずは焦らずにどうすれば支払っていけるかを冷静に考えましょう。

2022年オリコン日本顧客満足度調査・ノンバンクカードローン男性部門 第1位
JCB CARD LOAN FAITHで今すぐお金を借りる
今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる13の方法

-お金が欲しい
-, , ,