即金入手 - 今すぐお金がほしい!

即金入手したい、今すぐお金がほしい時、どうしたら良いか。急な物入りでお金が必要、給料日が遠いなど。即金入手方法を紹介します。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる13の方法

40代女性が初めてカードローンを利用するなら節約は不可欠

家計簿

40代ともなると子供の養育費や生活費、突然の冠婚葬祭などでお金が足りなくなることもあります。

ここでは40代女性が養育費や生活費のために30万円を借りて返済するまでの経験、これからお金を借りようと考えている人へのアドバイナスなどまとめます。

 

給料減や養育費のためカードローンを利用した40代女性の場合

  • 40代女性
  • 借金額:30万円
  • 毎月の返済額:2万円
  • 借金の理由:給料減や養育費のため
  • 返済の工夫:節約、夫婦間の話し合い

私がカードローンを利用したのは、会社の給料が少ないことや、ボーナスで所得税がかなり引かれるようになり、生活にひびくようになった為です。

子供が成長するたびに、養育費がかさみ、カードローンを組まざるをえない状況になりました。

カードローンを組めば、返済額に加え、利子がつくので、返済中はかなり厳しい状況になります。

最近では、身内が亡くなったりで冠婚葬祭のお金が必要で、節約をしなくてはなりません。

生活費を見直し、節約することで毎月の返済金額を捻出

返済のためお金を節約する必要があります。

まずは、節約する部分を決めて、外食を減らしました。

食費も一週間に5千円、6千円と切り詰めて、献立を考えるようになりました。

ミンチを小分けして数日持たせるなど、工夫することで1万5千円のプラスを出せるようになり、節約を実践しています。

他にも洗濯機を節水用に変えたら4千円のプラスを出せるようになり、カードローンの返済分のお金を何とか節約することができました。

カードローンを借りる前の不安、借りた後の不安

カードローンを借りる前の不安

カードローンを組むことで、利子が発生するので、借りる前にはずいぶんと考えました。

ですが、返済計画を考えて、いつまでに返済するといった目標を立てることによって、夫婦でどのように稼ぐかを話し合い、冷静に考えることができたと思います。

本当はカードローンを組むより、現金で一括払いをするのが望ましいと思います。

心の負担もないので借金をしない方が良いとは感じています。

カードローンを借りた後の不安

カードローンを借りる前に感じていた不安は借りた後は思ったほど大きなものではありませんでした。

借りたあとの不安は拭えませんが、借りた後の1ヶ月の生活は(当たり前ですが)楽になりました。

しかし、返済が終わるまでは気は抜けない状況です。

お金を借りる=精神的な負担は背中合わせなので、毎月の返済だけでなく繰り上げ返済などが望ましいと思います。

同時に、カードローンを組むには、多少なりとも貯蓄があった方が安心だと感じます。

お金がないから借り入れをしますが、返済が滞ると更に困窮するので、お金を借りるにもある程度の余裕があった方がいいです。

これからカードローンをしようとする人にアドバイス

お金を借りるということは、経済的かつ精神的な不安が出てくるので、なるべく借りないことが望ましいと思います。

ですが、どうしても借りないと乗り切れないときもあるでしょう。

借りるなら今回限りと固く心の誓って、借り入れするといいと思います。

また、カードローンを組むということは、返済のために家計の見直しのキッカケになります。

今まで楽しんでいた趣味の費用を削ったり、公共料金やレジャー費などを節約することになりますが、これまでのお金の使い方を見直す機会になります。

-借金体験談
-, , ,