即金入手 - 今すぐお金がほしい!

即金入手したい、今すぐお金がほしい時、どうしたら良いか。急な物入りでお金が必要、給料日が遠いなど。即金入手方法を紹介します。

今すぐお金が欲しい、緊急にお金を用意したいなら→こちらをクリック   60分以内に現金をすぐ手に入れる14の方法

貯金ないけど仕事辞めたい人へ。私が貯金なしで退職できた経験談

貯金はないけど仕事は辞めたいという人は多いかもしれません。しかし一人暮らしの場合、家賃や生活費を自分で払わないといけませんから、貯金なしで仕事を辞めるとすぐに詰みます。

私も貯金はありませんでしたがすぐに仕事を辞めたかったので、貯金がない状態ですぐに仕事を辞めるにはどうしたらいいか考えました。結果、以下の3つを実行してすぐに会社を辞めることができました。

  1. (辞める前)有給消化中にバイトなどしてお金を貯める
  2. (辞める前)クレジットカード、カードローンは辞める前に契約しておく
  3. (辞める後)失業保険を待期期間なしでもらえるようにする

もしも貯金がないけど仕事を辞めたい人の助けになれば幸いです。

 

私が貯金なしですぐに仕事を辞めるためにやった3つのこと

仕事はすぐにでも辞めたいけど、貯金はない。とはいえなるべく早く辞めたかったので、どうしたらすぐに会社を辞められるか考えました。そのために次の3つをしました。

(辞める前)有給消化中にバイトなどでお金を貯める

私の会社では退職する1ヶ月前にその意思を伝える必要がありました。

渡しの場合は有給が丸々(20日分)残っていたので、それを使えばほぼ1ヶ月間出社せずに退職できる状態でした。

そのため、辞める前の2~3ヶ月でお金を貯めつつ、その間にバイトして20万円くらい貯金を作りました。

バイトルやタウンワークなどで1日限り、1週間限りのバイトをやってました。今だったらUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーも稼ぎやすいかもしれません。

  探し方 特徴
日払いバイト専用ページあり→こちら バイトルは短発・短時間バイト、即日払いOK、髪型・服装自由、履歴書無しなど案件多数!→バイトル
条件検索で「日払い」を選択 タウンワークは登録案件数が業界トップクラス。飲食やアパレルから引っ越しやイベント会場などの求人が充実。→タウンワーク
【a】Uber Eats配達パートナープログラム 週払い制 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは自転車や原付きで食事を運ぶだけ!ノルマなし・未経験OK♪今すぐ無料登録→Uber Eats

(辞める前)クレジットカード、カードローンは辞める前に契約しておく

会社を辞めると会社員ではなくなるので、クレジットカードやカードローンの契約ができなくなります。なのであらかじめクレジットカードを作っておきました。

やはりクレジットカードがあった方が便利なことは多いので、これは辞める前に作っておいたほうがいいです。

私はポイントを貯めやすい、楽天カードを作っておきました。

2009年~2015年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査・クレジットカード業界 顧客満足度7年連続第1位 楽天カード

新規入会&利用でもれなく5,000円相当のポイントがもらえる!さらに楽天Edy500円分も必ずもらえる!

クレジットカードを作るなら、年会費無料でポイントが付くものがいいですね。ポイントが付くカードは多々ありますが、ここでは楽天カードをお勧めします。

貯まったポイントは楽天市場で使えるのはもちろん、楽天Edyに交換すれば大手コンビニやファミレス、スーパー、喫茶店など幅広く利用できます。

紹介コード欄に「S4HJN7N5」を入力頂くと入会キャンペーンに加えてボーナスポイントとして300ポイント(300円相当/Edyにも交換可能)がもらえます。

  電子マネー「Edy」機能付 楽天カード

また、もしものときのためにカードローンの契約をしておきたいなら、これも辞める前にやっておきましょう。

無職になったら絶対作れないので、作っておくなら会社を辞める前です。有給消化中はまだ会社員なので、そのタイミングでもまだ間に合います。

プロミス(24時間申込可、土日祝日も対応)の申込はこちら → プロミス
  プロミスは最短30分審査!24時間申込可能!土日祝OK。今すぐ申込

(辞める後)失業保険を待期期間なしでもらえるようにする

通常、失業保険は自己都合退職だと3ヶ月の待機期間が必要です。つまり自己都合の場合は辞めてから失業保険がもらえるまで3ヶ月かかるということ。(会社都合だとすぐもらえる)

これは貯金なしだとかなり厳しいですね。

ただし自己都合退職であっても、会社都合にできる場合があります。

ハローワークで詳しく解説されているように、以下のようなケースに該当すれば自己都合扱いで退職しても、待期期間なしで失業保険を受給できます。これを特定受給資格者といいます。

特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要|ハローワーク公式HP

私の場合は残業が多かった(月50時間超)ので、それを理由に会社都合扱いに変更できました(退職時は自己都合だが、ハローワークで会社都合扱いに申請変更できた)。

辞めた後どうやって過ごしたか

辞めた後の開放感は半端ない

辞めた後の開放感といったら素晴らしかったです!

私の会社は残業続きだったので、朝は満員電車に揺られながら、帰りは終電。そんな日々を過ごしていたので、慢性的に疲れが取れませんでした。

それが辞めた次の日からは朝は好きなだけ寝てられるし、満員電車に乗る必要もありません。

開放感が半端なかったです。

最初に一週間くらいは明日から会社に行かなくていいんだ!という開放感で毎日夏休み気分でした。

でもしばらくすると飽きる

が、しばらくするとそれも飽きてきます。

予定のない日曜日がずっと続くようなイメージでしょうか。

友達と遊ぼうにも相手が働いていたら遊べませんから、なかなか予定が埋まりません。

定期的にハローワークへ行く以外は予定がない状態です。

とはいえ、バイトでもしたら失業保険が減らされるので、それもできません。

近所の図書館に行ったり、図書館で借りた本をカフェなどで読んだり、漫画喫茶に行ったり。引退したおじいちゃんのような生活をしていました。

でもやっぱり仕事をしているときのストレスがないこと、満員電車に揺られることもないこと。おかげでストレスフリーな生活を送ることができました。

その後、半年くらいかな。ほそぼそと食いつないでから、再就職しました。

以上、貯金がなくても仕事を辞めた経験談でした。

-お金が欲しい
-, ,