即金入手 - 今すぐお金がほしい!

即金入手したい、今すぐお金がほしい時、どうしたら良いか。急な物入りでお金が必要、給料日が遠いなど。即金入手方法を紹介します。

土日祝も!Web完結でバレずに借入!対象金融機関200行以上→プロミス女性専用窓口
土日祝も!プロミスのWeb完結でバレずに借入!対象金融機関200行以上→プロミス女性専用窓口

Docomoの「お客様のご都合により通話ができなくなっています」とは?

2017/09/28

お客様のご都合により通話ができなくなっています

いつも電話している友人や知人に電話すると、ある日、突然「お客様のご都合により通話ができなくなっています」とアナウンスされたという経験はございませんか?この「お客様のご都合により通話ができなくなっています」というのは、どういうご都合なのでしょうか?もしかして、友人になにかトラブルでもあった?と考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、Docomoを利用している方に電話した際に「お客様のご都合により通話ができなくなっています」とアナウンスされた場合の理由についてご紹介したいと思います。

「お客様のご都合により通話ができなくなっています」

スポンサーリンク

先に結論から言いますと、Docomoの携帯に電話をした際に「お客様のご都合により通話ができなくなっています」とアナウンスされた場合、その通話した相手が携帯料金を滞納していることによってアナウンスされている状況となります。
 実際には、「おかけになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」とアナウンスされるか、「こちらはNTT Docomoです。おかけになった電話は、お客様のご都合により通話ができなくなっております」といったアナウンスとなりますが、いずれも電話先の相手が携帯料金を支払っていないときに通知されるアナウンスとなっています。

その他のアナウンスについて

Docomoからアナウンスされる内容は、「お客様のご都合により通話ができなくなっています」という内容だけではありません。ほかにも「こちらはNTT Docomoです。おかけになった(電話番号)の電話は、お客様のご希望によりしばらくの間、止めております」というアナウンスや、「この電話は、お客様のご要望により、お繋ぎできません」「おかけになった電話番号への通話は、お繋ぎできません」といったアナウンスもあります。

「おかけになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」というアナウンスと、どう違うのか、しっかり確認しておきましょう。

①「こちらはNTT Docomoです。おかけになった(電話番号)の電話は、お客様のご希望によりしばらくの間、止めております」

このアナウンスと「おかけになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」というアナウンスとの違いは、「お客様のご希望により」という部分にあります。ご都合ではなくご希望ということです。また、「お繋ぎできません」ではなく「しばらくの間、止めております」というアナウンスです。

つまり、電話先の相手が何らかの形で電話を止めることを希望したということになります。ですので、このアナウンスが流れたときは、スマホや携帯電話を紛失した、盗難にあったことによって通話できないようにしているという状況といえます。

②「この電話は、お客様のご要望により、お繋ぎできません」

このアナウンスと「おかけになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」というアナウンスの違いは、「お客様のご要望により」という部分です。ご都合ではなく、ご要望ということは、電話先の相手が望んで、電話を繋がないようにしたという状況にあります。つまり、着信拒否(NTT Docomoの「迷惑電話ストップサービス」)の状態となっています。

③「おかけになった電話番号への通話は、お繋ぎできません」

このアナウンスと「おかけになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」というアナウンスの違いは、非常に分かりにくくなっています。唯一の違いは「お客様のご都合により」というアナウンスがないという点です。
結論から言いますと、このアナウンスも着信拒否(NTT Docomoの「迷惑電話ストップサービス」)の状態となっていますが、おそらく電話を掛けた相手に、着信拒否されていることがバレないように、あえて具体的な内容をアナウンスしていないと想像できます。
 

他社のアナウンスについて

では、他の携帯キャリアではどのようなアナウンスがされるのでしょうか。

auについて

①料金未納の場合

「こちらはauです。おかけになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません。」
こちらは、Docomoとほぼ同じ内容のアナウンスが行われます。

②スマホ・携帯を紛失した場合、盗難にあった場合

泥棒

「こちらはauです。おかけになった電話は、お客様の申し出により、現在お繋ぎできません。」
こちらは、Docomoの「お客様のご要望により」よりも若干分かりやすく「お客様の申し出により」とアナウンスされていますが、内容としてはほぼ同じアナウンスとなっています。

③着信拒否(迷惑電話撃退サービス)

「こちらはauです。おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎできません」
こちらは、Docomoのスマホ・携帯を紛失した場合と同様に「お客様のご希望により」というアナウンスが使われていますが、auの場合は着信拒否のアナウンスとなっています。お客様のご希望により繋ぐことができないとはっきりアナウンスしていますので、電話をかけたほうには、着信拒否をしているということがしっかり伝わってしまいます。

ソフトバンクについて

①料金未納の場合

「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません。」
こちらは、Docomoやauと、ほぼ同じ内容のアナウンスが行われます。

②スマホ・携帯を紛失した場合、盗難にあった場合

スポンサーリンク

「こちらはソフトバンクです。おかけになったお客様への通話はお客様のご都合によりお繋ぎできません。」
ソフトバンクでは、スマホや携帯を紛失した場合でも「お客様のご都合により、お繋ぎできません」とアナウンスされます。つまり、ソフトバンクに限っては、「お客様のご都合により、お繋ぎできません」とアナウンスされても、料金を未納なのか、スマホや携帯を紛失したのか、その区別がつかないということになります。

③着信拒否(ナンバーブロック)

「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎできません」
「こちらはソフトバンクです。おかけになったお客様への通話は、お客様のお申し出により、現在お断りしております」
「この電話は、お受けできません」
「この電話は、お繋ぎすることができません」
「この電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」

ソフトバンクの着信拒否の場合、様々なアナウンスが流れることが確認されています。その中には、「この電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」というアナウンスが含まれていますので、ソフトバンクに限っては「お客様のご都合により、お繋ぎできません」とアナウンスされても、どの内容でアナウンスされているか判別できないということになります。

まとめ

このように、携帯キャリアによってさまざまなアナウンスの内容がありますが、ソフトバンクを除いては、アナウンスの内容によって電話先の相手の状況がある程度わかるようになっています。Docomoを利用している方のスマホ、携帯に電話して「この電話は、お客様のご都合により、お繋ぎできません」とアナウンスされた場合には、相手が携帯料金を支払っていない状態となっていますので、別の手段で連絡を取ることを検討しなければなりません。

-スマホ
-,